自分を知ることで未来を変える!

当たる!?手相占い~生命線

当たる!?手相占い~生命線

こんにちは!
ぺこり隊長です。

これから時間があるときに、素人の方でもわかるように、いろんな手相の説明をしてみようかと思います。

私が手相を始めたときもそうでしたが、本を読んでもイラストで図解しかしてないので、何が何やらさっぱりわかりませんでした。

しかも、本によって鑑定結果もずいぶん違うし、いったいどれを信じたらいいんだろうと思ったのは、きっと私だけではないはず。

でも、その難解な手相の中でも、たいていの方が持ってる3本の線だけは、どんな素人の方でもはっきりと見えますよね?

ぺこり隊長のように老眼がすすんでも、これだけはメガネなしでもおけ!(笑)

さて、その3本の線の中でも、まず最初は一番有名な生命線について説明します。

生命線は現実

親指と人差し指の間から、手首に向かって弓なりに走る線が生命線です。

見出しにも書きましたが、生命線は現実を表しています。
現実ということは肉体でもありますね。

肉体は健康につながり、生活環境も表します。
家庭生活や社会生活、仕事、あるいは結婚や離婚というものまで表していますので、人が生きていく上での現実的なことは、ほぼこの生命線に表れると思ってください。

いい生命線とは?

こう書くと、「ああ~、私の線は違う~!!」と嘆かれる方がいそうですが、ぺこり隊長の線もぜんぜんよくないです(笑)

 

なんの励ましにもならん?(^^;)

 

というか、手相は変わるので嘆く必要はないのです!

私の親しい友人の生命線は、60歳くらいで大きく切れていましたが、この3か月でつながってきました。

なので、泣かないの!

ただ、いい生命線がどんな線かと言いますと、弓なりに張りがあって伸びやかである人は、体力や生きるエネルギーに満ちている方が多いです。

そして生命線の終点には、人生の晩年が表れています。
生命線の先が手首まで回り込んでいる人、ぷっつり切れている人、離れて副線がある人、フォーク状の線が出ている人など、さまざまです。

生命線だけでも、このようにいろんなことがわかりますので、詳しい説明はこれから少しづつ書きたいと思ってます。

ちなみにぺこり隊長の生命線は、ぶっつり切れております(T_T)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう